心身共に元気でなければ務まらない仕事

看護師も自分をケアすることが大切

看護というのは過酷なものがあり、肉体的な労働が激しい一方で、精神的にも大変なものがあります。人の死や未来といったものに直接関わってくる職場というのはやはり特別なものがあって、それゆえやりがいや誇りを感じるものですが、ストレスもかなりのものがあるのです。しかも医者や看護師といった職業には定期的に夜勤というものが回ってきて、生活のサイクルが乱れてしまうこともあります。
他にも夜勤がある職業はあるでしょうが、命に係わるということは常にストレスに晒されているようなもので、自分で選んだ仕事だとしても気にしないわけにはいかなくなるのです。さらに病院内での人間関係も大きく、自分でも気付かない間にストレスが少しずつ積み重なっていって、心の闇を抱えてしまうこともあるのです。これは放っておくとやがては全身に広がっていって、病気に発展することも考えられるのです。それゆえストレスを発散することが大切になってきて、患者だけではなく自分自身を労わることも必要になるのです。休日に体をゆっくりと休める、好きなことをして気持ちをリフレッシュさせていく、そういうことが必要となってくるのです。そのためにも自分自身でストレス発散の方法を知っておくことが大事で、可能であれば平日、仕事が終わった後でもできるようなものを見付けられると役立ちます。ストレスというのはすぐに発散させた方がよく、方法が分からない場合は探して見つけ出すことが必要です。